江戸前DANGO

マルキュー  K‐1 Cup 家島予選 釣行記

6月18日(日)マルキュー K-1Cup 家島予選に参加してきました



6月17日(土) 無事姫路駅に到着


姫路駅 (1)



正面に 姫路城

姫路駅 (3)



今回は新幹線で現地入り


天候にも恵まれ、参加者の方との交流が楽しみです。




その夜、D-Bros長男さんに、ホテル前でピックアップしていただきました。


ありがとうございます (。-_-。)



一路 会場へ


受付 (2)


既に賑わっています。



さて受付を済ませ、いつものカラガラで今回の番号は 



77.jpg



『77番』 良いか悪いか分かりませんが





今回から新場所として加わりました、姫路の沖提(赤灯)になります。



灯台側


釣座 (1)



灯台下手

釣座 (2)



釣座は中ほどの若干灯台より



本日の釣り座


釣座 (4)


釣座 (5)



水深14m程度ですが、潮がめちゃくちゃ早く難儀しました

しばらく打ち込みますが、エサ取りの反応も無く、拍子抜けです。

でしばらくして、下手(潮上)中ほどで、魚かけはじめましたが、


こちらは今だノーフィッシュ |ω・`)



その方達の話を聞いて仕掛けを大きく変えます。



そして、しばらくして  『 コッン 』 とラインに反応合わせると


上がってきたのは本命チヌであります。


昨年に続き釣果ありです。


この1匹は、今までの1匹とは意味が違います。


誘いをかけての1枚です。




で、さらに 『 コッン 』 に合わせると、

上がってきたのは残念ながら足裏サイズのベラでした。

結構な大きさです。 25㎝はあります。

その後さらに潮が速くなり色々と試行錯誤しますが

残念ながらタイムアップで納竿となります。




そして検量




検量




釣果




『 35㎝ 730g 』 のチヌでした



今回の1.2位は同場所の方で、有名クラブの会長さんです

7枚という数をあげておられました。

あの潮で7枚とはすごいの一言です。


話を聞いて仕掛けチェンジでの1枚

この一枚は、紀州釣り概念が 『ガラガラ』 と良い意味で剥がれ落ちた一枚です


姫路の堤防でなかったらと考えると、


本当 冷汗もんです。 (;^ω^)


今後が楽しみです (*^_^*)




帰路 (1)




しかし 『ファイナルまでは程遠い (;^ω^) 』 と感じた次第です。
どこかで聞いたタイトルです ハアハア


17家島表彰



今回の家島は、過去最高の参加者で運営等、色々大変なことが多い中、

楽しく安全に安心して参加させていただきました。

MFG湯本さんはじめスタッフの方々ありがとうございました。

岸和田予選も参加しますのでまたよろしくお願いします。




【水箱のことを少し__ 】

今回の家島予選で水箱を持ち込みました。

こちらのブログの、ZERO-Kさんとも道具作りに花が咲き

競技とは違う楽しいひと時を過ごせました。

今回は遠征モデルで、水箱一つでほぼ釣りが完結できるシステムにしている加減で

重量が重くなり、車横付け場所では……… ( ´~`)

仕様はほとんど満足してますが…… (。-_-。)


ということで、

第二弾 スタンダードサイズの製作を始めました ( ^ω^ )

バッカンは 遠征モデルのFD45のサイズダウン

『ダイワ プロバイザー ハードバッカン FD40』 を使用します


fd45.jpg


準備できたらブログUPいたします。 ( ̄^ ̄)ゞ




さらに今週末7月1日(土)に、毎年恒例の


『東京湾落し込みバトル http://tokyobayisone.jp/ 』


に参戦してきます。


今回は何とか1枚釣りたいですね (#^.^#)


そちらも後ほどUPいたします。




それでは皆様良い釣行を!! 


 (@^^)/~~~ see you __







スポンサーサイト
  1. 2017/06/25(日) 21:34:30|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

水箱改造と近況と__



久々の更新です。

いよいよ6月18日(日)に 『MFG K-1 Cup 家島予選 』 が開催されます。

今回は過去最高の参加者のようで、102人がエントリー

ウキダンゴ人気急上昇とでも言いましょうか 

が……  ファイナル出場がさらに険しくなりました  (;^ω^)

一体どのような結果になるか楽しみです


さて近況はというと、3回の釣行で1枚の貧家…… (-_-;)

 

【Day1/5月14日】



170514.jpg



東伊豆  0枚

沼津紀州釣り愛好家の方々と竿出しますが

私は何をやってもウキが動きません。


完敗です ( ;∀;)


でも、ワイワイガヤガヤと楽しい1日でした

皆さんありがとうございました。





【Day2/5月28日】



170528 (1)



東伊豆  1枚 


厳しい状況ですしたが

夕方に何とか1枚(45㎝)が出ました。



170528 (2)



久々の良い引きを味わい楽しみました




【Day3/6月4日】


東伊豆   0枚


朝方、エサ取りがそこそこいましたが

上がってきたのは、タコ 小カンパチ サバ ベラ ガシラ 他 

今回は大会に向けてのダンゴ材の調整でしたので、良しとしましょう (;^ω^)

運は大会に取っときましょう (。-_-。)



タックルの事も少し

【水箱編】

大会に向け荷物をできるだけ少なくしたいので

キャスターを取り付けました。 で台車がいらなくなりました。

交換式に作りましたので、台車使用の時はいままでのものに戻します



キャスター取付部品を溶接です

キャスター改造 (1)



ローラーブレードのタイヤを取り付けます

キャスター改造 (2)



最後に塗装し完成です

キャスター完成 (1)


キャスター完成 (2)


動きも良くこれで防波堤を楽に移動できます



それと、クッション下に使っている小道具入れを

スライド式で取り外し式に改造。

これで物を落としても無くしません (#^.^#)


クッション引き出し





そして本日、水箱くんは一足先に姫路のホテルに出発です。


水箱家島に



さて  『MFG K-1 Cup 家島予選 』  


どのような結果になるのか楽しみです ( ̄^ ̄)ゞ




それでは (@^^)/~~~ see you __



  1. 2017/06/16(金) 02:24:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

ウキダンゴとPEラインと水箱と Part3



Part2から時間が空きましたが、GWも終わり皆さんの釣果も大変気になります。
 



わたくしはと言うと、余りにも渋い状況なので今回はまとめてです (-_-;)



【Day1/4月23日】


東伊豆  

0423熱海 (3)


0423熱海 (2)


0423熱海 (1)


0423熱海 (4)


新作 水箱の初使用ですが、

何をやってもウキが動きません。


PB 完敗です ( ;∀;)


が、水箱はほぼ完璧です ( ´艸`)




【Day2/4月30日】


西伊豆 
 

0430多比 (2)


0430多比 (5)



3投投げたところで

目の前に網が入り、やむなく移動


0430長浜 (3)



移動先でも何をやってもウキが動きません。 

ここでも

PB 完敗です ( ;∀;) ( ;∀;)




【Day3/5月3日】


西伊豆   


0503久料 (1)



何とか1枚とりました  『 ホッ 』


0503久料 (5)



釣友 浪花さん 5枚


西元久料 (1)



朝夕のマズメ時にエサ取り動きありで、夕マズメの地合いに共に釣果ありです。

それまでは、ウキの動きが薄くエサ取りもそこそこでしたが

時合到来、夕マズメでいずれも釣果あり


私は1枚ですが、型見れたので良しとします。


釣友 浪花さんは、5枚と言う釣果で全開モード突入ですね! 


おめでとう (*^_^*) 






タックルの事も少し




まずは 【水箱編】



以前の配置


290129清水港 (1)


周りがごちゃごちゃしてストレスありました。





今回はと言うと


0423熱海 (1)


バッカンの周りがシンプルになり、左右への移動が大変楽になりました。

使いかってもイメージ通りで大変使いやすく、

これでやっと自分の形が出来ました。

後は、細かなところの修正で問題ありません。

ストレスなくなり大変満足な仕上がりです。





そして 【PEライン編】



今回の目的は、フィッシングショーでマルキュー湯本さんより今後のウキダンゴの

方向性をお聞きし、自分なりに考えた第一弾になります。

まずは遠投性と言うことで、PEラインを試しました

今までと違うタックルは、

ロッド ダイワ メガドライM2 インターラインになります。

ガイドがらみを嫌いました。

ラインは、シマノ セフィアG5 PE0.8号(比重1.32)で



セフィアPE



5色マーキングで遠投距離と見えやすい色がわかります。


ウキは、寝ウキからスタートで棒ウキ&棒ウキロングと順番に変えていきます。


からまん棒は自作で、ウキ作りで余ったカーボンを3㎝程度にカットし


ヘラ用シリコンチューブ0.5㎜を1センチ程度にカットし上下に差し込みます


ウキ止めは、素材的にはナイロンかなと試しましたが、結果GOSENのものに決定。


PEとスイベルのノットは、パロマーノットで落ち着きました。


スイベルの上にラインシステムウキ止めロングを取り付けて、


ハリスとスイベル絡みを防止しました。


上手くいくでしょうかね 


  
そしてダンゴ投入開始


ラインとウキの関係は


棒ウキはやはりPEとの絡みが結構ありました  が、


寝ウキは絡みがほぼありませんでした。


短いウキがやはり良いようです。


ライン比重が1.32と言うことでしたが、風に煽られやすく、


さらに張りがない分ライン操作がしんどく感じました


沈み方もイメージとは程遠いものでした。


結果、色々と今後の改善点が見えてきました。


特にウキの改善が必要かな………と。




キザクラ 黒魂PEフカセの販売が遅れているようです


販売開始したら早速使ってみたいと思います  が


違うPEが今月発売されましたので、


黒魂PEの前に使ってみます。





それと、PEライン使用時のウキ形状イメージが何となくボンヤリとですが…… (。-_-。)


少しずつPE用ウキの製作に進みたいと思います




コンセプトは 


『 ウキダンゴ用 中通しウキ 』


使えそうなウキを何となく吟味していますが


最終的には自作します (#^.^#)


結果がともないましたらブログUPしますので、



それまでは……… (#^.^#)



しばらくPEラインのブログUPはおあずけです。


とても楽しみです (*^_^*)



そしてもう一つ (=゚ω゚)ノ



いよいよ来月の6月18日に 【マルキュー K-1 カップ】 の予選が家島で開催されます。


すでに西方面の方たちのスイッチが入って入るという情報が…… (;^ω^)

今年こそはファイナル出場を目指して頑張ります。


参戦したいが不安と言う方


ご安心ください (^∇^)


皆さん良い人ばかりです。


私の水箱みたら遠慮なく


お声かけてくださいね (^-^)/





それでは (@^^)/~~~ see you __


  1. 2017/05/13(土) 00:55:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

ウキダンゴとPEラインと水箱と Part2



時間かかりましたが前回からのつづきです。 




【水箱編】 

※ネーミングが分かりませんのでとりあえず水箱で (;^ω^)


追加部品が入荷しましたので、早速組み立てに入ります。



こんな感じでスタート


溶接開始 (1)




底部をクロスで組付け


溶接開始2




前後左右の部品を組付け


溶接開始 (3)




上部枠を組付け


外枠完成




そして最後に、脚部を組つけて


外枠脚付




 仮組完成  (^∇^)




では 『釣武者 グレーカー』 & 『ギアラボ パラソルホルダー』 を付けてみましょう



まずは 釣武者 グレーカー から


ちなみに、クレーカーのクランク部分のシャフトの長さも変えてます。



角枠仮組完成 (1)





続いて ギアラボ パラソルホルダー 


角枠仮組完成 (2)





バッカン入れてこんな感じ


角枠バッカン入れ1



うーーーん  ┐(´-`)┌



何か大きさとデザインが無骨な感じがします。


かっちょ良くないなー   ┐( -_- )



マルキュー ワイドバッカン用の枠が良かったかなー  Σ(´Д`lll)



と言うことで、めんどくさいけど今の枠を外して、


マルキュー ワイドバッカン用の枠で作り替えます。


手順はこれまでと同じなので割愛



そんなこんなで、 仮組完成しました



丸枠 (2)



今回はいつもの電解研磨でなく塗装で仕上げます。

2液のウレタン塗装と思いましたが、匂いとかたずけが面倒なので、

パウダーコーティング(粉体塗装)で仕上げますが

ここでまたまた問題発生 (;^ω^)

大きすぎて手持ちの焼き付け窯に入りません



   (-_-;)  (-_-;)  (-_-;)



で、なんだかんだありましたが



   塗装完了!!



焼き上がりはこんな感じ、今回はブラック 7 部艶で仕上げました。



塗装完了



そして、小物取付でこんな感じ


釣武者 グレーカー


小物取付 (2)




ギアラボ パラソルホルダー


小物取付 (4)


脚伸小物取付 (5)


ワンポイントで、レッドで塗装



  ほぼ 完成 (#^.^#)





さて、座面(クッション)の製作に入ります。

既にベースは作っておきましたので


クッション製作 (3)



クッションの仕上げに入ります

濡れても良いように、ボート用の生地を発注しました。

カラーは、アイボリー ・ ブラック ・ レッド の3種類



クッション製作 (4)



どんな感じにしようかと、あれこれ考え

上面と底面をレッド、サイドをブラックで決定

ファスナーもレッドにして、ワンポイント。

クッション後方にタオル用のベルトを左右に取り付けて

クッションのイメージができました

早速、クッションに合わせて生地をカット



材料はこんな感じ


クッション (1)



あとはミシンで縫うだけです。


クッション (2)


クッション (4)




クッション完成 (*^_^*)


クッション (5)


クッション (6)




バッカンとクッションを乗せてみましょう


バッカン乗せ完成 (1)


バッカン乗せ完成 (2)


バッカン乗せ完成 (3)


バッカン乗せ完成 (4)




最後に、サイドの丸の部分にネームを入れて


ネーム入れ





『 祝  完成 ! 』  (*^_^*)





では座ってみましょう

硬めのウレタンがお尻に良い感じ

真上からはこんな感じ


椅子上部 (1)


椅子上部 (2)





ここまで長かったですが、イメージ通りの出来です


あとは使ってみてのお楽しみです。




で、このタイプの正式名称は何と言うのでしょうか。

水箱とは言わないようですね。



  (-ω-;) ウーン なんと呼べば良いのか……



どなたか、わかる方教えてください。 (#^.^#) 



それでは (@^^)/~~~ see you __   


 【実釣編】 に続く かな?


  1. 2017/04/26(水) 03:28:11|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

ウキダンゴ(紀州釣り)とPEラインと水箱と



年度末も終わりましたが、激忙は相変わらず。

休みなく4月に入ってしましました。

いつまで続くのか う~~ん (-_-;)


空いた時間にコツコツと道具類をいじっています。

というより激変しています。


何がそうさせたかと言うと、PEラインです。

高比重のPEラインがいよいよ各メーカーから出始めました。



実はPEラインは何度か使いましたが、

やはり比重の問題でトラブルが多くメインラインから外れていました。

その比重の問題を改善した、高比重のPEラインが各メーカーから出始めます




キザクラ 『黒魂PEライン』 が4月10日から販売 



黒魂PE



大〇名人もフカセでこちらの黒魂PEラインを使ってますね

いよいよフカセもPEラインの時代に突入でしょうかね。

おそらく竿が大きく変わると思います

インターラインが進化するかも (*^_^*)




そして私が巻いているPEラインがこちらの

シマノ 『セフィア G5 PE』 発売中


セフィアPE



さて、これらラインを使うデメリットを排除するために

あれやこれやとやっています。

竿から針・小物まで、さらにPEノットまで吟味してます。

できているかは分かりませんが (*゚ェ゚*)

何とか今月中旬にはテスト釣行したいですね。





【バッカンの事を少し…】


MQワイドバッカンスタンドを製作して何度か使いました。

スタンドもバッカンも問題ないのですが、

握りから投入までの動作に無駄が多分にあります。

あれこれ考えやっとこさ結論がでました。

水箱というモノがダンゴの握りから投入まで無駄がない事に行きつきました。

水箱は東方面では使っている方を見たことがありません が

西方面では昔から使われている様です。

代表的なのが田辺箱という水箱でしょうかね。

チェアクーラーというものもあるようですが、

別物と教えていただきました。 ありがとうございます。


私が作っているのはいったい何というものなのでしょうか (*´~`*)


まッ いッか  (*^_^*)


MFG K-1 CUP の参加者の方には

各々の考えぬかれた水箱を使っている方を多く見ます。



と言うことで、いつものように図面を書いて部品発注。

今回は私の体重を支える椅子を作るので、強度を上げての製作になります。

2週間程度で部品納品されました。




水箱 (3)




脚を通して動きを確認。

問題ありません。

いつもこれが緊張するところです。

0.2㎜ずれるとパイプが通りませんからね



水箱 (9)



そして 《ギアラボ パラソルホルダー》 & 《釣武者 グレーカー》 の取り付け位置を確認

グレーカーは長穴で取り付け位置を高さ調整式にしています。

でもって問題ナシ (#^.^#)



水箱 (8)



そして作業手順を考えていると問題発生 (;゜0゜)

MQワイドバッカンのフタの開封向きと形状が問題になりました。

あれこれ考えましたが策がなく、やむなくバッカンを変更します。

サイズ・収納力・使い勝手・デザインと吟味して



『 ダイワ プロバイザー ハードバッカン FD45 』 に決定!



fd45.jpg



と言うことで、このバッカンに合わせての部品一部を再製作しますので、

納品までしばらく作業中断です。 (。-_-。)






【ウキの事を少し…】


自作のウキを製作してから釣りの楽しみが一つ増えました。

色々と作っていますが、自分の思う方向には壁が一つありました

が やっと解決しました。

故障していた旋盤が復活です ( ^ω^ )




削りだしウキ (5)




いよいよ完全オリジナルのウキの製作になります。

今まで発泡材はストレートのものを使用してましたが

イメージしている形状は曲線です。

と言うこでイメージ通り? にできるかどうかは分かりませんが、発砲材を削り出します。



削りだしウキ (1)



削りだしウキ (3)



削りだしウキ (4)


削り出しの発泡材の塗装は特に慎重になりますね。

溶剤系ではせっかく時間かけての削り出しが一発でアウトですからね。

いろいろな塗料をテストして何とか見つかり、

時間がかかりましたが、何とか4月に間に合いました。




削りだしウキ (6)



江戸前 寝ウキ(右) 

江戸前 アポロ (中)

江戸前 かんざし (左)



今回はとくに江戸前 アポロがどのように動くのかが楽しみです (*^_^*)

実はアポロを作りたくて旋盤復活せさました 

なんせ流体力学の 1 : 4.5 を参考に製作しましたので実釣がとても楽しみです。


イメージ通りに_ うごくかな_ どうかな_ (;^ω^)




さてさて実釣はいつ行けるのでしょうか (-_-;)





それでは (@^^)/~~~ see you __





  1. 2017/04/03(月) 01:15:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

江戸前

Author:江戸前
江戸前と言いながら、駿河湾のロケーションが大好きで、沼津界隈を中心にウキダンゴ釣りをしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
紀州釣り (11)
チヌ・黒鯛釣り (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR