江戸前DANGO

ウキダンゴとPEラインと水箱と Part2



時間かかりましたが前回からのつづきです。 




【水箱編】 

※ネーミングが分かりませんのでとりあえず水箱で (;^ω^)


追加部品が入荷しましたので、早速組み立てに入ります。



こんな感じでスタート


溶接開始 (1)




底部をクロスで組付け


溶接開始2




前後左右の部品を組付け


溶接開始 (3)




上部枠を組付け


外枠完成




そして最後に、脚部を組つけて


外枠脚付




 仮組完成  (^∇^)




ではでは、 『釣武者 グレーカー』 & 『ギアラボ パラソルホルダー』 を付けてみましょう



まずは グレーカー から

ちなみに、クレーカーのクランク部分のシャフトの長さも変えてます。



角枠仮組完成 (1)





続いて パラソルホルダーを


角枠仮組完成 (2)





バッカン入れてこんな感じ


角枠バッカン入れ1



うーーーん ┐(´-`)┌


何か無骨な感じがしています。

マルキュー ワイドバッカン用の枠のが良かったかなー   


と言うことで 今の枠を外してマルキュー ワイドバッカン用の枠に作り替えます。


手順はこれまでと同じなので割愛


で こんな感じで仮組完成しました



丸枠 (2)



今回はいつもの電解研磨でなく塗装で仕上げます。

2液のウレタン塗装と思いましたが、k匂いとかたずけが面倒なので、

パウダーコーティング(粉体塗装)で仕上げます。

大きすぎて手持ちの窯に入りませんでしたが、何とか工夫して 



   塗装完了!!



焼き上がりはこんな感じ、今回はブラック 7 部艶で仕上げました。



塗装完了



そして、小物取付でこんな感じ


釣武者 グレーカー


小物取付 (2)




ギアラボ パラソルホルダー

小物取付 (4)


脚伸小物取付 (5)


ワンポイントで、レッドで塗装



   ほぼ 完成 (#^.^#)





さて、座面(クッション)の製作に入ります。

既にベースは作っておきましたので

クッションの仕上げに入ります

今回はぬれても良いように、ボート用の生地を発注しました。

アイボリー・ブラック・レッドの3種類

どんな感じにしようかと、あれこれ考え

上面と底面をレッド、サイドをブラックで決定

ファスナーもレッドにして、ワンポイント。

クッション後方にタオル用のベルトを左右に取り付けて

クッションのイメージができました



早速、クッションに合わせて生地をカット



材料はこんな感じ


クッション (1)


あとはミシンで縫うだけです。


クッション (2)


クッション (4)




クッション完成 (*^_^*)


クッション (5)


クッション (6)




バッカンとクッションを乗せてみましょう


バッカン乗せ完成 (1)


バッカン乗せ完成 (2)


バッカン乗せ完成 (3)


バッカン乗せ完成 (4)




最後に、サイドの丸の部分にネームを入れて


ネーム入れ





『 祝  完成 ! 』  (*^_^*)





では座ってみましょう

硬めのウレタンがお尻に良い感じ

真上からはこんな感じ


椅子上部 (1)


椅子上部 (2)





ここまで長かったですが、イメージ通りの出来です

あとは使ってみてのお楽しみです。




で、このタイプの正式名称は何と言うのでしょうか。

水箱とは言わないようですね。



  (-ω-;) ウーン なんと呼べば良いのか……



どなたか、わかる方教えてください。 (#^.^#) 




 【実釣編】 に続く


スポンサーサイト
  1. 2017/04/26(水) 03:28:11|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

ウキダンゴ(紀州釣り)とPEラインと水箱と



年度末も終わりましたが、激忙は相変わらず。

休みなく4月に入ってしましました。

いつまで続くのか う~~ん (-_-;)


空いた時間にコツコツと道具類をいじっています。

というより激変しています。


何がそうさせたかと言うと、PEラインです。

高比重のPEラインがいよいよ各メーカーから出始めました。



実はPEラインは何度か使いましたが、

やはり比重の問題でトラブルが多くメインラインから外れていました。

その比重の問題を改善した、高比重のPEラインが各メーカーから出始めます




キザクラ 『黒魂PEライン』 が4月10日から販売 



黒魂PE



大〇名人もフカセでこちらの黒魂PEラインを使ってますね

いよいよフカセもPEラインの時代に突入でしょうかね。

おそらく竿が大きく変わると思います

インターラインが進化するかも (*^_^*)




そして私が巻いているPEラインがこちらの

シマノ 『セフィア G5 PE』 発売中


セフィアPE



さて、これらラインを使うデメリットを排除するために

あれやこれやとやっています。

竿から針・小物まで、さらにPEノットまで吟味してます。

できているかは分かりませんが (*゚ェ゚*)

何とか今月中旬にはテスト釣行したいですね。





【バッカンの事を少し…】


MQワイドバッカンスタンドを製作して何度か使いました。

スタンドもバッカンも問題ないのですが、

握りから投入までの動作に無駄が多分にあります。

あれこれ考えやっとこさ結論がでました。

水箱というモノがダンゴの握りから投入まで無駄がない事に行きつきました。

水箱は東方面では使っている方を見たことがありません が

西方面では昔から使われている様です。

代表的なのが田辺箱という水箱でしょうかね。

チェアクーラーというものもあるようですが、

別物と教えていただきました。 ありがとうございます。


私が作っているのはいったい何というものなのでしょうか (*´~`*)


まッ いッか  (*^_^*)


MFG K-1 CUP の参加者の方には

各々の考えぬかれた水箱を使っている方を多く見ます。



と言うことで、いつものように図面を書いて部品発注。

今回は私の体重を支える椅子を作るので、強度を上げての製作になります。

2週間程度で部品納品されました。




水箱 (3)




脚を通して動きを確認。

問題ありません。

いつもこれが緊張するところです。

0.2㎜ずれるとパイプが通りませんからね



水箱 (9)



そして 《ギアラボ パラソルホルダー》 & 《釣武者 グレーカー》 の取り付け位置を確認

グレーカーは長穴で取り付け位置を高さ調整式にしています。

でもって問題ナシ (#^.^#)



水箱 (8)



そして作業手順を考えていると問題発生 (;゜0゜)

MQワイドバッカンのフタの開封向きと形状が問題になりました。

あれこれ考えましたが策がなく、やむなくバッカンを変更します。

サイズ・収納力・使い勝手・デザインと吟味して



『 ダイワ プロバイザー ハードバッカン FD45 』 に決定!



fd45.jpg



と言うことで、このバッカンに合わせての部品一部を再製作しますので、

納品までしばらく作業中断です。 (。-_-。)






【ウキの事を少し…】


自作のウキを製作してから釣りの楽しみが一つ増えました。

色々と作っていますが、自分の思う方向には壁が一つありました

が やっと解決しました。

故障していた旋盤が復活です ( ^ω^ )




削りだしウキ (5)




いよいよ完全オリジナルのウキの製作になります。

今まで発泡材はストレートのものを使用してましたが

イメージしている形状は曲線です。

と言うこでイメージ通り? にできるかどうかは分かりませんが、発砲材を削り出します。



削りだしウキ (1)



削りだしウキ (3)



削りだしウキ (4)


削り出しの発泡材の塗装は特に慎重になりますね。

溶剤系ではせっかく時間かけての削り出しが一発でアウトですからね。

いろいろな塗料をテストして何とか見つかり、

時間がかかりましたが、何とか4月に間に合いました。




削りだしウキ (6)



江戸前 寝ウキ(右) 

江戸前 アポロ (中)

江戸前 かんざし (左)



今回はとくに江戸前 アポロがどのように動くのかが楽しみです (*^_^*)

実はアポロを作りたくて旋盤復活せさました 

なんせ流体力学の 1 : 4.5 を参考に製作しましたので実釣がとても楽しみです。


イメージ通りに_ うごくかな_ どうかな_ (;^ω^)




さてさて実釣はいつ行けるのでしょうか (-_-;)





それでは (@^^)/~~~ see you __





  1. 2017/04/03(月) 01:15:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

がま磯 ファルシオン入魂…… (-_-;)



さて、かねてから気になっていた竿を入手しました。

がま磯 最新モデルの 『 ファルシオン 1-53 』 です。

今使っているのは 『 チヌSPⅢ 1-53 & アテンダーⅡ 06-53 』

特にブランクには不満ないのですが、リールシートに毎回気になる点がありまして

使っているうちに、リールが緩んでくることが良くあります。

これが気になり何かないかなと以前から思っていたら

昨年末にファルシオンが登場しました。

スクリューシートにセパレートグリップ

一瞬で 『 使ってみたい…… 』

やはりこの春 『 がまかつ 黒冴 』 が発売されますが,

フィッシングショー横浜で両竿を振りましたが、わたし的にはやはりファルシオン

  『 ポチット 』 (;^ω^)

手にしっかりなじみ良い感じ。

デザインもルアーロッドみたいにオヤジ臭くなくてカッコいい (#^.^#)

ウキダンゴ用に穂先を改造して出発



今回は、東伊豆の年無しポイント

沼津ウキダンゴ愛好家達と釣友 浪花さんとのご一緒です。

残念ながらD-Bros長男さんは、38度の熱でお休みです。

今月に沼津ウキダンゴ愛好家のMkingさんが1日に年無し2枚

同日にやはり沼津ウキダンゴ愛好家のMDさんが40後半2枚 あげてます。

いやおうなしにここで竿出したくなりますね



本日の釣座



170218熱海 (2)



170218熱海 (3)


水温 『上層部 13.5°』  『底部 11.5°』

今回から上と底を計測


第一投 エサ残ります

第二投 エサ残ります

第三投 エサ残ります

第四十…………投 エサ残ります

____ まったくウキ動きません

あれあこれや考えられること全部やった感ありますが

まったくウキが動きません。


まったく……… で、納竿を迎えました。



ファルシオン 入魂は次回に持ち越しです。


で、おかたずけ中に振り返り、

一つやり残したことがありましたので、こちらも次回に持ち越しです


次回の釣行が楽しみです。



それでは (@^^)/~~~ see you __


  1. 2017/02/19(日) 21:09:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

オヤジ達の週末



2月に入り今シーズンの最終準備とでも言いましょうか




D-Bros長男さんがウキ作りで、江戸前工房にお見えになっています (*^_^*)






170207横尾来社 (1)




   『 あーでもない こーでもない 』




                『 この色どうかな う~ん 』




170207横尾来社 (3)




       『 エアスプレー いいね! 買っちゃおうかな= 』 と




 イメージ通りの作業ができたかはわかりませんが、終日エアスプレーしていました。





私は気になっていたカラー  『 ピンク 』  で寝ウキを作ってみました




江戸前寝ウキピンク




見やすいかな~ どうかな~  ┐(´-`)┌    楽しみです。





で、その夜、釣友 浪花さんからも、初めての自作 寝ウキの画像が届きました。



浪花寝ウキ

上が、浪花さん
下が 小浪花くん(息子)作



年一の 『 浪花家 VS 江戸前家  親子バトルカップ 』  楽しみです




朝から晩まで 『 ワイワイ ガヤガヤ 』 と楽しい一日を過ごしました 



                                   釣行が楽しみです p(*^-^*)q


 
  1. 2017/02/12(日) 01:09:33|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

NEWバッカンのテスト釣行

NEWバッカン&バッカンスタンド完成です。


バッカンの課題に下記3点がありました。

 ①キャリーに積んだ時の安定感が欲しい

 ②部分的にダンゴ材を混ぜたい

 ③荷物量分散を減らしたい

 ④遠征時に発送しやすい 等々


試行錯誤をしていましたが、中々思うようにはいきませんでした

今回思い切ってバッカンを変えました。

それがこちらです



ワイドVer3- (1)



カセ筏用 『 マルキュー ワイドパワーバッカン MQ-01 』 になります。



イメージでは、4つの課題はクリアーしてそうです。

会えて言うなら丸型と違いフタの開放調節ができないということでしょうか

真夏の直射日光と雨対策が必要でしたが、それも今回は対策しました。

そして、これのバッカンスタンドも作成しました。

作り方は丸型バッカンと同じです。


作図して注文 2週間で納品されました。


ワイドVer3- (2)


仮組&溶接して完了


ワイドVer3- (4)


仮組してみましょう。


ワイドVer3- (5)


バッカン乗せてこんな感じ


ワイドVer3-完成 (1)


ひっくり返して こんな感じ


ワイドVer3-完成 (3)


イメージ通りで問題なさそうですね


同じく電解研磨で仕上がりです。


Ver3-電解研磨 (2)



丸型用&ワイド用を並べてみると こんな感じ


Ver3- 揃って1


これで完成です。




そうと決まれば早速使いたくなりますね

只今、1月28日(土)22時です。

いつものようにダッシュで積込完了! で出発です


今回は東海方面で竿出します。



本日の釣座


290129清水港 (1)



ワイドバッカンいい感じです ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪



290129清水港 (2)



正面の富士山もいい感じ (っ*^ ∇^*c)



水温チェックします。で 約10度 冷たいですね。

今回から非接触タイプでなく、普通の水温計を使っています。



それ以上に、濁りが気になります。

釣座正面の濁りと背中側では、まったく水色が違います。

背中側はいい感じの濁りで、水温も12度程度あります。

では早速ダンゴ投入開始!


オキアミ(頭なし)返却、しばらくしてエサが取られますが、

すぐに返却

こんなんがしばらく続きます (;^ω^)

さらに厄介なことは、海鵜がウキに寄ってきて



ダイブ ダイブ ダイブ



オキアミの頭付きを投入でアタリ出始めますが、

しばらくするとまた返却

そんなこんなで、既に14時を回っています。

近くのカセ釣りの方も釣れている様子はなく、

本船に引っ張らお帰りになっています



ここで、気になっていた潮が変わりました。

濁りが消えてよい感じ

濁りは背側に周り、画像ではわかりにくいですが

濁り部分とが半分半分に綺麗に分かれています。


290129清水港 (5)
スミマセン分かりずらいですね


状況は、変わらずのオキアミ返却


ここで、まさかとは思いましたが、サナギの数個かけを投入

すると一気にウキが元気になります。


これかなと……? 


サナギ中心で回していきますが、

サナギの1個付けだと反応が悪くなりますが、

割れているサナギの数個かけだと反応がまた良くなり、


しばらくして



『 ピコ ピコ _____ピコ  ス ̄~  ビシュ 』 で



290129清水港 (6)



40センチの本命ゲット



で しばらくして



『 ピコ ピコ ズドン!  ビシュ 』 



290129清水港 (7)


42センチの本命ゲット



そして、納竿お片付けの置竿がブルブル震えて合わせると

魚がかかっていますが、しばらくやり取りししますが、

『 残念! (T_T) 』

あえなく係留ロープに巻かれて、ラインブレイク!



NEWバッカン&スタンドのテストは無事終了 (*^_^*)



本日の釣果


290129清水港 (8)



NEWバッカン&スタンドは、納得できる使い勝手で、4つの課題ほぼクリアーしていますね。

今後しばらくは、このバッカンスタイルで行くことになるでしょう。



次回の釣行が楽しみです。



それでは (@^^)/~~~ see you __






  1. 2017/02/06(月) 00:55:41|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

江戸前

Author:江戸前
江戸前と言いながら、駿河湾のロケーションが大好きで、沼津界隈を中心にウキダンゴ釣りをしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (28)
紀州釣り (11)
チヌ・黒鯛釣り (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR