江戸前DANGO

MFG K-1 家島予選 Part2

前回、睡魔に襲われ途中で更新リタイヤ。

続きです。

『ガラガラ ポンで №8』 今まで50番以降の番号で、厳しい釣行でした。

№8 今までで一番若い数字。

『何かあるかも!』

そして、一番船で移動。

船中、ダンゴ材のレシピ談義。 

『砂 糠 集魚剤 サナギ エビ 配分 刺餌は… 等々…… 色々と……』

『あ~でもない こ~でもない と……』

会話の途中から、疑問が湧いてきました?

そんなに 『高集魚なの!!』 ということです。

今回、自分なり高集魚で参加しましたが、比じゃありません。

『ビックリです!!』

そうこうしているうちに、エンジン音がスローに。

そして、上陸。

沖一磯上がり

番号順にそれぞれポイントを選択。

赤灯先端から20m程度に、本日の釣座確保。

早々に準備に入りますが、

私が遅いのか、皆さん早々にダンゴ投入。

まだまだ、真っ暗です。

電気ウキ

皆さん、電気ウキで投入してます。

ここで既にメンタルに差が出てます。

状況は、向かい風で強風、さらに雨もパラパラ降ってます。

持参のパラソルは、強風で開けません。

そんな中、皆さんはダンゴ投入してます。

私はとう言うと、暗闇での投入は経験ありません。

周りが明るくなるまで、ソワソワ待ちます。

そろそろ明るくなり、ダンゴ投入開始です。

今回の釣座です!!

釣座

皆さん内向きでダンゴ投入してます。

外向きは誰もいません。

外側は、網が入っているとの事, 前情報ではありますが、いささか疑問? 網って何?

しばらくしてると、背後から 『ゴー ゴー』 と

中型の刺し網漁船が2艘が並んで、防波堤スレスレに並走していいきます。

これが、外側で投入しない原因ですね。

本当にスレスレに流すんですよ!!

『背中から数mの所ですョ 本当にビックリ!!』


先にも言いましたが、向かい風の強風での釣行です。

ダンゴには難儀な釣行です。(私にはですが)

場所を言い忘れました、 『本島沖一文字』 に上陸です。

潮は、ゆるやかに左右に動きますが、だんだんと手前に寄る 『当て潮』 になります。

強風の向かい風で当て潮は、ダンゴには最悪な海況ですが、

皆さん 『淡々』 と投入します。 脱帽です。

メンタルの違いをさらに痛感します。

水深17・8m程度でのタナ取りですが、なかなか 『トントン』 に合わせれません。

当て潮ですが何か変??

当てての左右どちらかの流れがなく、そのまま堤防スレスレ手前まで当たります。

大会終了後でわかりましたが、内向きと外向きがスリットで繋がっているとの事。

どうりでそのまま当て潮で行きっぱなしなのです。

確かに大会中、数投を外向きで投げましたが、

さらに水深が深く、流れが沖にドンドン流れ、私には無理です。

今回の結果です。

アジ・サバ・ベラ・真鯛 で納竿です。

本命は出ませんでした。

今回の、沖一文字は、今までで一番厳しい波止でした。

この波止では、おそらく17人中、数名程度の釣果があり、数枚程度でしょうか?

釣られた方は、決勝ステージ常連の凄腕ダンゴ師達です。


特に今回痛感したのは、

皆さん、メンタルが強いと感じたことです。

今回のような、大会では特にメンタルの強さが必要と感じましたネ。

忘れてました、この感覚!!

強風向かい風、雨、当て潮、内外貫通スリット、水深15m以上 という

ダンゴでは考えられない海況を

皆さん、普通に釣ってることに、感銘しました。

日頃より、釣りやすい場所や海況を選んでの釣行に慣れていると

今回のような海況には当然、対応できません。

全然 『力不足』 です。

メンタルで既に潰れています。あまりにもレベル差 『ありあり』 です。

帰り

結果、来季の大会にかけますが、

日頃から、難儀な釣行に対応する 『対応力』 を鍛える必要がありますね。

来季の課題が見つかりました。

15i家島閉会式

昨年からの参戦になりますが、4戦して、

今回ほど、実力差を痛感した釣行は過去にありません。

来季のテーマが決まりましたので、今後が楽しみです。

私の MGF K-1 Cup は、終わりました。

そんなこんなで、帰路に向かいますが、

いよいよ睡魔に……  限界が……   Zzzz………。

結局、名古屋のICにて力つき、爆睡就寝です。

翌、東名高速にて、一路帰宅に向かいます。

その間、昨日の反省と今後の課題を考えながら……。

15家島沼津帰路

『沼津2キロ』 か~。

しばらく来てません。

初めての紀州釣りはここ 『沼津』

結局 『インター出ちゃいました!!』


そして、本日の釣座。

15家島帰路沼津永井崎

ここは、初めて紀州釣りした場所です。

色々と、家島の反省を考えながら、ダンゴ投入。

既に時間は、午後1時を廻ってます。

東からの強風。

これしきの風、全然平気です。 (;^ω^)

沼津特有の潮トビ、全然平気です。(゚Д゚;)

既に自分の中では、来季MFGモードになってます。

投入後、しばらくして 『デカバリ&メジナ30㎝数枚』

しばらくそんな状況です。

そうこうしているうちに、エサ残りだします。

キンキンに締めて、丸エビ投入。

ダンゴ割れ後、寝ウキが、斜め45度で、『ステイ』  『何か変』  『ビシッ!!』

36センチ 本命。 居食いです。

15家島沼津帰路永井チヌ①

しばらくして

さらに斜め45度で、『ステイ』  『何か変』  『ビシッ!!』

30センチ 本命 またもや居食いです。

15家島沼津帰路永井チヌ②

さらに 『45°ビシッ!!』

『ジ~ ジ~ 』 ドラグ鳴ります。

左右に首振ります。

  『デカイ!!』

レバーとドラグで耐えますが、

          『プン?』

『ラインブレイク?』

針は付いてます。

良く見ると、針が延ばされてます。 チヌ針2号

『何モノ??』

数投しましたが、ヤツは現れませんでした。

そして、糠切れ納竿となります。


しかしこの週末、有意義な釣行でした。

MFG湯本さんはじめ、スタッフの方々、MFG参加者の方々、

本当にお疲れ様でした。いつも楽しい大会、ありがとうございます。

K-1決勝(岸和田)楽しみにしています。 出られませんが… (。-_-。)



ではでは、つたない駄文お付き合いありがとうございます。



にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村











スポンサーサイト
  1. 2015/09/20(日) 23:57:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

MFG K-1予選 家島釣行記 Part1

久々のブログ更新。

前回は、MFG岸和田予選会。

『 撃沈__。 』


それ以降、何をしていたか?

次男坊と近くの川で水遊び

ケイマ


国立科学博物館で 『科学捜査展』

科学技術館

そして 『ANAの格納庫見学ツアー!!』

ana2.jpg

などなど…… __ 何のために? __ 『For What?』  

そう! 
この日のために 親父してました。




『🎵この~日なんの日 ♫ 気になる日~ (^^♪』


   MFG Y部長から直々メール

『家島 こーへんの?』

  『即答!』  

そうです! 『MFG K-1 家島予選』 参加してきました。

今回は、釣友の浪花さんは、都合で参加できません。

さてさて、姫路までどういこうかと…

昨年は、格安ツアーで新幹線&ホテル&レンタカーでの参加。

結構めんどくさい!

今回は、台風が気になります。

ギリギリまで考えましたが、車で行くことに!!

片道 『約650キロ』 のんびり行きましょ! って

 『積込終了!!』  早ゃ!!

15積込

そして、大好きな 『沼津を通過!』 早ゃ!!

富士山に 『 いってきま~~~~す!!』

家島富士山

『到~~着~く!!』 早ゃ!!

そして、受付で 『カラガラ ポンッ!!』

   『№8』

いままで、50番以降の数字。

今回は、一桁!

何かが起きそうな予感__ フ…… __

to be continued

にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村
  1. 2015/09/17(木) 02:10:18|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

プロフィール

江戸前

Author:江戸前
江戸前と言いながら、駿河湾のロケーションが大好きで、沼津界隈を中心にウキダンゴ釣りをしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (35)
紀州釣り (11)
チヌ・黒鯛釣り (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR