江戸前DANGO

がま風ダンゴ杓製作

最近気になることがありまして、

フカセ専用の杓は、各メーカーから沢山の種類がでていますが、

こと、紀州釣り専用の杓は、ほとんどと言っていいほど種類が限られています。

第一精工・キザクラ・釣武者位しか私は知りません。

でもって、かっちょよく 手になじみ 長さのバリエーションとなると、もー自作しかありませんね。

と言うことで、フカセ杓を紀州釣り用に改造しました。

どうせ作るなら、愛用のがま竿とタモの柄にデザインを合わせたいですね。

そして今回の製作で一番気になるところは、実はグリップの素材です。

ダンゴ材を触った手でのEVAでは、滑りませんか?

特に雨天時では、滑って杓ごと飛んでいくことが心配で、全力で投げれません。

滑りにくそうな素材を探しまして……

そしてありました!!

 最高級杓でプロ御用達の 『湯川シャク』 に使われている

  『サメ皮』 です。


では、材料の紹介

 ①お好みの杓
 ②釣武者チタンDカップ
 ③サメ皮
 ④塗装用スプレー ほか


①の杓ですがおおよその杓は、TOPがφ6と思います。

出来ればφ8が良いのですが、中々ありません。

φ8が良い理由は、釣武者チタンDカップが、φ8 なのです。

私は調整用カラーを作りました。

釣具屋にある補修糸で、径の調整でも問題ないと思います。


②のチタンDカップは、投げるときのダンゴの安定と置いた時の安定を考えて穴を空けています

釣武者タンブリング杓のマネです。

空けなくても問題ありません。空ける場合は注意が必要です。

バイス(万力)等では固定しない方が良いと思います。

理由は固定したときに、ステップドリルが食いつくと本体ごと廻ってしまい

『グニャッ!!』 と薄いチタンが潰れてしまします。

私は一度やってしましました。 3000円が一瞬にして (T_T)


③そしてこのサメ皮が問題でした。

結構な値段がするのですね。それも不揃いで中々大きいのはありません。

そこであれこれ考えて見つけたのが、

世界の和食にかかせない 『鮫皮わさびおろし』 

こいつを使おう と…… 

型・色・突起が揃っていて綺麗です。

こいつを剥がすのが大変でしたが、コツが分かると簡単です。

サメ皮部分の木材を少し残したまま(2㎜程度)ベースをカットします。

後は水に着けて半日、サメ皮の反りに合わせ、木目に沿って手で割っていくと、綺麗にはがれます。

はがして水に着けたのがこれ


がま杓 (29)

あらかじめ握りに合わせて削っておいたグリップにサメ皮を巻きつけます。

型を取りなおしたい時は、水に着ければ何度でも修正が可能です。

がま杓 (31)

一日で乾きますのでこれをトリミングして、グリップに張り付けて完了です。

貼り付けるときのポイントは、貼り付け部分のベースを白に塗装しといたほうが

下地の色がサメ皮に透けないので、サメ皮が綺麗に見えます。

気にならない人は塗装なしでも問題ありません。

削ったグリップと下地塗装がこれ

がま杓 (1)

あとは、2液性のエポキシボンドで固定です。


④はお好みのデザインで塗装になります。

今回は愛用ロッドに合わせたデザインで塗装しました。

がま杓 (2)


ネームも入れて見みました。

がま杓 (33)


で完成したのがこれ

がま杓 (39)

がま杓 (14)

がま杓 (47)

がま杓 (45)


まずまずの仕上がりと思います。

で完成が夜中の2時

翌週のMFG K-1家島予選で使いたいので、

そのまま沼津に出発です。


本日の釣座

160903久料 (2)


どうゆう分けか、激戦ポイントが空いていました。

しばらくして、地元のおじさんとおばさんに話しかけていただき、

最近の状況をお聞きすると 『釣り人が入っていないよ!』 と……

イコール釣れていないよと言う事ですね。

まーまー今日は、杓のテストと深場用のダンゴ材がメインなので、そこの所は良しとしましょう。

で、杓の感触ですが、思った通りしっかり握れて滑りません。

安心して遠投できますね。

ダンゴを触って濡らした手(仮想雨天)でも、しっかり握れます。

が使っているとロング(820㎜)の方の握りがシックリきません。

ショート(720㎜)はピッタリでしっくりきます。

ロングは帰って修正しました。

いちど貼り付けたモノを剥がしての修正は、大変でしたが何とか間に合いました。

ダンゴ材も家島の水深20~25mを想定して配合、イメージ通りです。

小さく重いダンゴを遠投し、途中のエサ取りを25m交わして30秒~1分持たせるダンゴが必要ですよね。




さて、翌週はいよいよMFG K-1家島予選です。

私は1年間の釣行を、MFG K-1をイメージして釣行ています。

何とか型を見れること目標に……


で、杓のテストの時の釣果はと言うと、残念ですが1匹でした。

160903久料 (1)

まーまー 小さいながらも型見れたので良しとしましょう。


さて、どうなることやら





スポンサーサイト
  1. 2016/09/19(月) 03:20:34|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<MFG K-1 家島予選 釣行記 | ホーム | 南国リベンジ釣行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

江戸前

Author:江戸前
江戸前と言いながら、駿河湾のロケーションが大好きで、沼津界隈を中心にウキダンゴ釣りをしています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (35)
紀州釣り (11)
チヌ・黒鯛釣り (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR